スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国カルストツーリング

7月21日(月曜日) 晴天

定休日の月曜日は祝日で全国的に休日

チーム鉄蛍の皆さんとご一緒できるチャンス

実践練習3回の超初心者ライダーが参加できるかどうか微妙だったけど

みなさんの、心強い応援受けて

四国カルストツーリングに参加!!

湾を挟んだ自宅向かいの道の駅「みなっと」7時30分集合

みなっと集合
道の駅内、産直物品販売施設「アゴラマルシェ」へ柿の葉寿司、狐いなりちゃん納品(旦那様)

旦那様、早朝より段取りつけ、テキパキと任務遂行(感謝!!)

私、興奮して寝そびれ約1時間強の睡眠にて起床(不安は募るばかり)

本日のツーリング参加14名

女子4名、男子10名にて出発

四の五の言ってる余裕もなくエンジン始動→出発

安全確認しながら、ついていくだけです

それなりの、街中走行も本日初体験

未知の世界がドド~ンと目の前に出現するような感覚の中

教習所さながら慎重に走行!心掛ける

傍目にはご機嫌さんでルンルン走行に見えてたらしい

高速道路も前走車について走行

降りる時もマネっこ走行にて

降り切って、いったん停止、安全確認→右折
(旦さんから直進になるまでローにてと釘刺されてた通り実行)

エンストすることなく直進走行へ移行できた

道の駅「肱川せせらぎの里」にて休憩

ここまで、本人的にはなんとかスムースに来れたかなぁ~

もちろん、緊張の糸はピーンと張ったままです

そして、次の休憩地点目指して出発

緑豊かな田んぼや山に囲まれ、両脇に民家を意識したようなしないようなおぼろげな記憶

愉しむ余裕は・・・ありましぇ~ん

トンネルに入る度、うわっ~、さむ~、くらぁ~の繰り返し

そんなこんなで、二つ目の休憩場所 道の駅「日吉夢産地」へ

信号止まる→左折すぐ右斜め前の駐車場へ

アッチャ~ エンスト

ハンドルはまっすぐを保っていた為、立ちごけすることなく即スタートボタン入れて発進

一難去って、また一難

駐車場入ると同時にエンスト

今度も、同じく落ち着いてと頑張るも何度もエンスト

焦ると同時に、パニくる

ウルトラ乗りのボスの機転で助けてもらって始動(いつの間にかセカンドに入ってたようです)

やれやれ ふぅ~(^_^;)

この時点で、やや不吉な予感に襲われる

それを、打ち消しながら気を引き締め、動揺を隠して休憩

1405912110083.jpg

この時点で、四国カルストまで残り3分の1以下と聞きホォ~(もう少し、頑張れ私)

そして、一路目的地目指して出発

走行中のヒヤリはないけど、やはり停止するときの緊張は消えません

そのまま目指す?から、雲の上のホテルにて一旦停車

この時、先に到着組の駐車場所に止め損ねて、

前走車の後ろをついて行き掛け、途中で止めた場所が右傾斜の石垣付近

よくは覚えていませんが、多分ハンドル右向き加減?だったかも

で、ウッワァ~~

ガシャ~ン

すぐ横は膝上高さの石垣の植え込み、逃げる反射神経も持ち合わせてなくて

右足首下がドラさんの下敷きに(この時、エンジンガードは役立たずドラさんの後部が乗っかった)

「足痛い、痛~い」と叫びながらこれで終わったなぁ・・・と(不吉な予感が的中)

みんなが駆けつけ、ドラさんから解放されたけど立てません

手を引っ張って起こしてもらってちょこんと座って茫然自失

「大丈夫?痛みは?」と聞かれるも今一つピンと来てない

痛みは思いの外大丈夫ぽい!!でも、転んだことがショック

ちゃんと止まったのに・・・

右傾斜の場所と確認したのは落ち着いてから

ベテランさん達は、スロー運転しながら停車場所を確認、決定、遂行できるんでしょうかねぇ

私的には、邪魔にならない!止めやすい場所!が最優先で傾斜の判断なんて全く論外

結果、右立ちごけやらかした

ここで、ドラさん置き去りか

はたまた

ドラさんと一緒にみんなの帰宅待ってるかの選択

さぁ、どっちだぁ???

大丈夫!行ける!頑張る!!宣言

気持ち引き締めて

いよいよ、四国カルスト登りコース突入

登りカーブも、下りカーブも自分ペースで落ち着いて肩の力抜いて(自己暗示)ついて行きました

砂利を避け、道路に張り出した枝を避け天狗荘到着

今度はスムースに停止できました

凄く、良い景色だけど

車で来た時のような、景色に目を奪われるような感覚はナッシング

1405984912515.jpg

感慨深さも今一つナッシング!

引き続き、昼食場所の姫鶴平方面移動

メンバーさんの、追い越し走行しながらカメラ片手に撮影する姿にビックリ

1405912107545.jpg
旦さん走行フォト
走行フォト     大切な一枚になりそうです

途中、人もたくさん、車もドンドン、横切る人もいたりで慎重に走行

のんびり牛さん見たり、景色愉しむ余裕はなかったけど清々しい風を感じることはできたぽい(笑)

012.jpg

食堂より撮影
カレーを食べながらパチリ

ワイワイ、ガヤガヤ楽しい休憩後はチーズケーキで有名な「もみの木」へ移動

これまた、カーブ多いし道狭い、離合も何度かクリアして到着!

一度、停止したらその先はお任せコースで駐車お願い

モミの木駐車 
誰と来たの?
 もちろん、女将さんとだよ

チーズケーキは案の定売り切れ!

アイスクリームちょこっと食べて小休止(集中力持続する為本日自嘲気味)

さて、さてここからは下りコースと狭い場所少し有りとのこと

気を緩めず、ドラさん宜しくとばかり発進

下りカーブスピード気をつけながら走行

前走車に遅れをとらない様にと意識するも・・・

事故っては何もならないのでマイペース走行

後続車のみなさんごめんなさい 本当にすみません



心でお詫びしながら安全運転優先

結構な時間、距離走行したかに思える頃

下り三差路地点

前を走っていた旦さん、左右どちらに?で躊躇しながら止まった

私、一旦停止せず、後続車の合図で右折しかかった旦さん横目に

旦さんのすぐ横抜け掛けて、ブレーキ停止!

もちろんハンドル右

ウワァ~

ガシャ~ン

旦さんとの距離数センチあいて先ほどと同じく右へ

これまた同じく、右足首下下敷きに

今度は痛みの感覚なし

小指がマヒ?、元に戻った?・・・

「ママ、大丈夫?痛いとこない?立てる?」とみんなの声

またしても立ち上がれず起こしてもらってチョコン状態

本日2度目の立ちごけです

理由は、先走った行動が招いた自滅行為によるもの(旦さん巻き込まなくて良かった)

後続の皆さんにも迷惑かけて申し訳ない

ごめんなさい

ちょっとした油断や見切り操作が、大きな事故引き起こすと

反省と教訓!!になりました

私の怪我の状態を心配しつつ、動揺が落ち着くのを待って

みんなが待機していてくれる先に向け走行

インカムにて常時連絡しつつなので、私の姿にみなさん安堵(感謝です)

超初心者ライダーが招いた本日2度のアッチャ~

皆さん、ほんとにご心配、ご迷惑おかけしました

心はブルーになるばかりですが、皆さんの笑顔に励まされ、勇気もらえた

その後は、往路とは違う別コースにて

西予市宇和町の道の駅「どんぶり館」到着

どんぶり館にて

誰と来たの?

もちろん、女将さんとだよぉ(よく頑張ったね、もうひと頑張りだね)

グローブとると、手はプルプル

首、背中、肩パンパン!パツパツ!

や~れ、や~れ ふぅ~

私だけではなく、みなさんお疲れモード

もう少しを意識しながらも、ドカ~ンと休憩しちゃいました(笑)

それでも、緊張の糸は切れることなく買い食いもせず

かき氷の差し入れも辞退

八幡浜市内まで、残り30分弱

街中走行躊躇する私を気遣っていただき、う回路選択にて

最後まで、油断大敵事故の元!!と言い聞かせながら頑張りました

市内に入って、メンバーさんのガレージに寄り道

そこで、怪我の確認

右足甲部分が変色して腫れてました

痛みはややあるものの、骨は大丈夫そうと自己判断

ブーツ、靴下脱いだ途端腫れが増して、歩くの困難!右足着地できません

気も緩み

旦さんに「父さん、先に戻って車持ってきて」

そこから先は、足にかこつけて我儘言わせていただきました

総走行距離260キロなり

2度の立ちごけはあったもののよくぞ頑張った!!ドラさんと私

以上、初ツーリング報告

追伸

念の為、病院へ行ってきました

レントゲン結果、異状なし

打撲と手首筋痛めてましたが湿布で完治するとのことで一安心

現在、打撲の痛みか筋肉痛か判断できませんです

ドラクラさん慰労(磨き)も暫しお預け

お店も多少迷惑かけてますです

にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ
にほんブログ村












スポンサーサイト

練習 その5 前進

梅雨明け宣言は、まだ聞けないけど

めちゃくちゃ暑い真夏日が続いています

乗り方忘れた~!!と嘆いたあの日から

ドラクラさんに拒否反応起こしながらも

少しづつ、距離を縮める努力の甲斐あってか

めでたく路上実践走行進行中です

そして

大ポカ報告

乗り方忘れた!!とパニック起こす引き金になった

ギアチェンジ

久しぶりの乗車で怖さもプラスされ

取りあえず

スタンド立てて、ギアチェンジの練習開始

前ブレーキ握ってのチェンジもおかしかったけど

それよりなにより

旦さんがやるとスンナリ発進

私がやると入らないの繰り返しでした

何度目かの磨き終了後

ちょっと乗ってみようかなぁ~の気分でそのまま乗車

キーさして→スタートボタン→エンジン掛ける

足ブレーキかけ、アクセル回す→クラッチ切る→ギアチェンジ

のはずが

またしてもチェンジできずプスン

なんで? どうして?

旦さんも

そして

友人に電話!!

事情説明して、いったん電話切る

折り返し、連絡入る

お気づきのお方、ピンポンです

国産車の場合

サイドスタンド立てた状態で

ギアチェンジはできません!!


ドラクラさんは、サイドスタンドのみです

なので、どんなに頑張ってもチェンジできなかったんです

教習所のバイクはよっこらしょで完全にスタンド立てた状態で
ギアチェンジの練習してました

そうとわかれば、納得!!

ドラクラさんと少しづつお近づきに慣れつつある状況の中

大きな重しが取れたように

気分もスカッと

そして、実践練習開始

11日(金曜日) メロディーライン 道の駅 きらら館まで
きらら館にて7月11日
    
旦さん、いつでも交代できるように原チャで追走

途中、大きな交差点等は交代してもらって走行

本人的にはドキドキものでしたが、難なく走行しているように見えてたとか

15日(火曜日) 同じくメロディーライン 二つ目の道の駅 瀬戸農業公園まで

道の駅 瀬戸
道の駅 3
道の駅 7月15 1

旦さん、自分のバイクにて追走

先日、立ちごけの洗礼受けたコースも無事クリア

止まる、発進、交差点内のハンドルの向きに注意して走行

景色愉しむ余裕はないけど

走行中のヒヤヒヤ、ドキドキ感は少し控えめに

走行できました道の駅4


目的地到着の達成感もちょっぴり経験できました

道の駅2バイク二台

三崎方面メロディーラインを景色を楽しみながらバイクで走りたい!

の、夢を叶えるぞぉ~

今はその為の、ウォーミングアップです

旦さんは、「もう、走ってるやん、叶ってるやん」って言うけど・・・

私的には今はあくまでも練習期間なのです(笑)

そして、21日(月曜日)

四国カルスト方面ツーリングお誘い受けてます

無理のないコースを選択してくれてるらしく、

皆さんから 「大丈夫!練習、練習」と心強い応援もらってます

旦さんと二人走行よりも守られてる感大きいかも・・・

実践走行、3回のみの超初心者にトライできるんでしょうか

みなさんに迷惑かけるのではないか、やや心配



折角のチャンス!!いざ出動

が交差してます

えぇ~い

四の五の言わずに

いざとなったら

途中で、ドラクラさん待機してもらって

タンデムに変更することにして

参加することに決定!!

と、決めたら

どーか、お天気になりますように

にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ
にほんブログ村

練習 その4 磨く

7月7日(月曜日) 雨から曇り時々晴れ

定休日

バット、毎月八日の月一イベントの仕込み(旦さんのみ)終了後

「行こうか!!」のお誘い

行先はガレージ

乗車ではなく、仲良くなる為の触れ合い

やや気持ちブルー気味で重たいけど、ファイト!!

ガレージのシャッター開けると

そこに、ドラクラさん鎮座

威圧されてるような感覚に襲われる

それでも、旦さんの言うまま

ミガミガの準備

拭き、拭き開始

苦虫つぶしたような表情の御方に、作り笑顔で取っ掛かるような心境

お店なら、苦手タイプな人にこそ敢えてアッケラカ~ンと話し掛けられるのに・・・

遠慮がちに近づいてどこから手を付ければ良いのやら・・・



そろり、そろりと触れる

ドラさんの代弁か?旦さんから

「しっかり、力入れて磨かんかい!見えんとこもしっかり拭け!」と

喝入れられた

取りあえず、しゃがんで下から拭き、拭き、ミガ、ミガ

「あれっ?こんなとこになんかはいってる」
「そうやぁ、刻印が入ってるんや」
「ふぅ~ん・・・そうなんやぁ~」

初めて気づいたマフラーに刻まれた刻印の存在

刻印

パッと見の恰好良さと、お得感だけで購入に至った経緯も踏まえて

どこかしら、馴染めない・・・

購入したことだけで満足してしまった感が・・・

まるで、バーゲンで衝動買いした洋服みたい

結局、お得な買い物したけど着こなせない、着る機会がないみたいな

そんな、箪笥の肥しと一緒にならないように

ドラクラさんのボディーチェックしながら丁寧にミガミガ

少しだけ馴染む!?を感じながら終了!!

メーターピカピカ    眩しいくらいピカピカになりました

ピカピカ1


22ピカピカ

最後に、撫ぜ撫ぜして「じゃあ またね」

残念ながら、跨ることはできませんでした

そして

パソコンの壁紙変更  パソコン画像縮小

いつも、お傍に!!の環境設定

にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ
にほんブログ村

練習 その3 凹む

7月5日(土曜日) やや曇り気味

やる気モードで旦さんの連絡待ち

1時~ガレージにて待ち合わせ

練習兼ねてどこ走ろう・・・(ワクワク)とガレージへ向かう

ガレージにて久々のご対面

「宜しくお願いしま~す」

「あぁ~、キー忘れた!!」

旦さん、呆れ顔

念の為と旦さんに預けておいたキーにて一件落着

ブーツやグローブ準備している間に

旦さんがドラクラちゃんスタンバイOK!!

「取りあえず、その辺走って来い」と言われて乗車

一発で起こせた!!やったねぇ

キー回して、スタートボタン押して、

ギアローに、ギアローに

N(ニュートラル)ランプ点灯したまま、ギアも反応なし

なんで?どうして?

「父さん、ギア入らん!ニュートラルランプついたままやし・・・」
「はぁ? なんでや・・・しっかり踏まんか!!」
「踏んでも、はいらん」で、近づいてきた

旦さん、何度か踏み込むも反応なし

「降りてみぃ」



自分が乗り、エンジン掛けてギア入れる

難なくOK!

「大丈夫やん、イケるやん」

「・・・・」

交代して乗る

再挑戦!!

同じく、反応なし

そこで、旦さん気づいた

右手、しっかりハンドルブレーキ握ったままでした

「アクセル噴かさんか!」
「・・・・怖い、ビュンて行ったらどうすんの!」
「クラッチ握ってたら行かへん、大丈夫や

「ギア入れて、アクセル回して、半クラにしたら発進や!音聞いたらわかるやろ」

頭の中こんがらがって、身体硬直してきた

ぶっちゃけ

乗り方忘れたぁ~!!

何もかも、吹っ飛だぁ~!!

頭も動きもチグハグ

何が何やらワカランチン

ガァ~ン

ショック!!

これが

立ちごけにもめげず、双海の夕焼けロードを走行してきた人かい???

スタート段階で躓いてる自分に茫然自失

空白の十日間の大きさ?

教官が「なるべく日にち開けずに教習受けた方が良い」と言った意味が思い起こされる

こうなったら恐怖以外ない

それでも、何とか発進したものの・・・・(ガレージ前から少々)

「やめた!!手も痺れてきたし怖い」
「なんて? イケてたやん! 今走ってたやん!」
「いいねん! もう乗らん! やめた! 帰る!」
「なんやねん、それ・・・」

そこで、旦さんに

「わからん、怖いって言ってるやろ!なんで大丈夫ばかり言うん?いざ何かあって助けてくれるん?バイク乗ったら一人やろ!!怖いもんは怖いねん!教習所の先生やったら丁寧に教えてくれるわ!!」と
「もう、いらんし処分して!」とまで一気に言い放ってしまった

「あぁ、そうか・・・」と呆れ顔の旦さん

ガレージにて

しゃがみ込んで、ため息つきながら「もう無理やし乗れんし・・・」と凹む

「別に事故った訳でもなんでもないやん!毎日少しづつ乗って、慣れたら乗れるようになるんやし・・」
と、慰めてくれるも上の空の心境

あまりの落ち込みに一大事と察したか

「飯食ってないんやろ?飯食い行こう」
「食べたくないし、いらんわ!」
「俺、腹減ってるし行こう」
「・・・・」
と、追い立てられ近所のファミレスへ

凹みはドンドン深くなるばかり・・・

イメージトレーニングのように

スタンバイ、坂道発進、踏切発進、停止線時の操作手順等思い起こすも

尚更、こんがらがる

はぁ~ 駄目だぁ~

旦さんに急かされ、ため息つきつつ食事して

気遣いか、ご機嫌とりかデザートまでオーダー  抹茶パフェ

おまけに、笑わそうとしてスマホまで向けてきた

しか~し、ひと睨みで撃沈   凹む4

ほんとに、乗れるようになるんだろうか・・・

ドラクラちゃんなんて呼ぶには恐れ多い現実

013_convert_20140603120348.jpg

敬意を表して今は

「ドラクラさん」 と呼ばせていただこう

本日も反省!!

「父さん、ごめんなさいです」 

にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ
にほんブログ村

オマケ!?

7月3日(木曜日) 土砂降りの雨

こんな日はお家でボォ~とかぁ?

イエ、イエ

やらなきゃいけないことは山ほど

でも、やる気ナッシング

そのまま目つぶって放置しとこぉ

やる気スイッチ入ったら、チャッチャと片付くだろう・・・

たぶん

結果

ネット検索してみたり、パソコンいじって遊んでます

旦那様はもちろん仕込みでお仕事中

本日、私夕方までフリータイムなり

ネットは便利だけど、無駄使いの根源でもあり(^_^;)

で、

本日、ヘルメットが届きました

ヘルメット   派手すぎず、さりげなく個性的なヘルメット

ちゃんと寸法確認したけど、やや窮屈
軽くコンコン叩いてみると結構響く
PSCマーク、SGマーク貼付

先日の立ちごけで、コンくらいなら大丈夫(笑)
ガーン、ドーンには不向きと理解
事故対策、安全重視ならフルヘル着用すべし!!

でも、お気に入り
アァ~ン 悩むところだワン

先日はアームカバーもポチしちゃいました

アームカバー
人目を避ける身(笑(^_^;)にはギリギリセーフの和柄アイテム
目立ち過ぎず、それなりに愉しみたい


旦さんの買い物に便乗して購入したハーレのブーツ

 010 (2)

免許習得と納車祝いにプレゼントされたハーレのグローブで

ハーレ軍団に交ざって、ちゃっかりライダーもどきの女将です

なんたって、旦さんが一番、私が二番の年長者(お母さん)ですもん(笑)

いつの日か

カルガモのお母さんみたいに

「子供達ついておいで」って先頭走行してるかもです

但し、法定速度きっちりで・・・

そしたら

みんな、こっそり内緒で お忍びツーリング 決行しちゃうだろうなぁ

新人のくせに

そこどけ、そこどけ女将が喋るで仕切ってますからぁ

お母さんならOK!お姑さんならNG!ですよねぇ

さぁ~ どっちだぁ??

ところで

先日の立ちごけから10日経ちました

何の兆候もなくお風呂に入って吃驚の打撲痕!!

1腕  当日、入浴後

4腕  3日目

腕7  現在

殆ど痛みはないけど、見た目大変なことになっております

みんなは

「たぶん、ハンドルが当たったんだろう・・」の見解

先日、頸椎狭窄症のCT等詳しい検査の為病院行ったけど

先生から

「免許取っても、暫くは乗らないように」と釘刺された手前

さすがに、打撲のこと言えませんでした

当分、半袖着れそうにありませんが

そのうち

内出血が吸収されて落ち着くでしょう

これまた、ご心配お掛けした

頸椎狭窄症からの痺れは小康状態

先生は酷くなる前、早期の手術を勧めたけど、今しばらく経過観察を選択させてもらいました

事前に

お店に来られるドクター達から、セカンドオピニオンも視野に入れたお話お聞きしていたので
きちんと自分の希望伝えることができました

焦らず、体調に合わせたバイクライフを愉しみます

にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ
にほんブログ村





練習 その2

6月23日(月曜日)

さぁ、気合入れて頑張りますか!!



ドラクラちゃんが待ってるガレージへ

004.jpg

「お待たせ どーぞ宜しくお願いします」

旦さんにスタンバイしてもらっていざ

本のように右足着いて・・・1本

無理です

右足着きませんから(笑)

それでも、何とか立て直しOK

先日の練習コース通り発進

時速30キロ弱

教習所と同じレベル走行にて

緩めの坂道発進もUターンもちゃんとできました

後ろから来た旦さんにも余裕のVサイン

元場所まで戻って一息

そこへ電話が

「ママ、練習されてるんですかぁ?」
「はい、頑張ってますよぉ~、暫くこの辺で練習するわ」
「そうなんですかぁ。頑張ってくださいね」
「有難うございま~す」

で、終了

かと思いきや

即、掛け直してきた

「ママ、ご一緒します。一緒に走りましょう・・・」
「えぇ?? いや、坂降りれんし・・・」
「私達も準備して出ますから・・・○○時に○○で」
内心、嘘やろ・・と思いながらも
ここは商売人の性か、二つ返事で了解

取りあえず、暫く練習して、旦さんに下界までお連れいただこう~
と、時間確認
ゲェゲ 15分後やん

ここでも、商売人が顔出した

お待たせしてはいけない!!
急がなければ・・・

旦さんに伝えて、考える余裕もなくそのまま出発することに

「絶対ハンドルブレーキ握らないように!!足のブレーキとエンジンブレーキでゆっくり!」との注意受けて

旦さんの後ろからゆっくりスタート

あれれ・・・そんなに怖くないじゃん

かなり、どっしり安定感あり

原チャの方がメチャンコ グラグラして怖かった

そして、難なく地上に辿り着いた

さて、ここからが路上初挑戦

停止線、信号、安全確認等々

時間がないから、近道選択

一区間のみ開通している高速道路へと向かう

坂も降りたし、信号停止、発進クリア、ギアチェンジもイケた

ちょっぴり自信ついて走行

高速時速60キロから70キロで先頭走行

出口にて信号赤になった

ちゃんと停止線手前で停止

青になったら・・・とイメージして待つ

ハイ、青になりました

アクセルふかして半クラスタートのはずが

なぜかしら

ハンドル左よりになってた??

あぁ~っ



グラリ

スローモーションのように倒れる

すぐ後ろに旦さん、その後ろ高速から降りてきた車がズラーリ

膝小僧カッン(あ、痛)

頭ガードレールに軽くコン(フルヘルで良かった)

おぉ~これが、噂の立ちこけかぁ~

後ろ、ドン着かれへんで良かった

父さん大丈夫だったかなぁ

と、一瞬の間に色んなことが頭の中駆け巡った

旦さん、即 行動開始

自分のバイク止めて駆け寄ってきた

「大丈夫か?」
「うん、大丈夫」

その横を次々車がチラ見で通り過ぎて行った

バイクを起こしてもらって、起き上がって、一息

旦さん、スタンド立ててエンジン掛けるも、掛からず

二台とも邪魔にならないように歩道よりに移動させ、何度目かでエンジン掛かる

私のショックを思いやってか「行けるか?大丈夫か?」の念押し

この時、いたって冷静な自分がいました

はぁ~、なるほど

これが立ちごけなんだぁ・・・ 

こういう時になるんだぁ

止まる時、発進する時一番緊張するってみんな言ってたなぁ

ブログのタイトル

立ちごけの洗礼受けましたぁ~にしよう

な~んて、旦那の心配よそに考えてました

そこから、待ち合わせ場所まで数百メートル

お先に到着!で一安心

膝が少し痛いけど大したことないと納得

そして合流

皆に守られ、ウルトラ、ソフテール2台と双海シーサイドへ向け出発

時速、50キロから最高速度70キロにて夕焼けラインを走行

途中、潮の香りを意識したけど景色を楽しむ余裕は無し

カーブでの減速、ギアチェンジを意識しながらが何とか到着

達成感よりも

ありゃ、ほんとに来たのぉ?

ドラクラちゃん見ながら

「ほんとに、私が乗っかってきたのかなぁ~」と不思議な感覚

帰りは

ウルトラ乗りのベテランさんの「後ろをそのままついて来て」の言葉通り

ライン取りの練習走行しながら走行

2速に落として、スピード上げての合図を忠実に守り

OKサインをもらうと、一人ニンマリお顔が緩みました(笑)

お山の上のガレージ登りは辞退して 旦さんにバトンタッチ

勢いで、練習兼ねた初ツーリング完了


にほんブログ村 バイクブログ 国産アメリカンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ バイク 運転免許・バイク教習所へ
にほんブログ村






検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。